FC2ブログ
ご都合のよろしいときにご覧くださいませv

C様v





わあい!いらっしゃいませ、です。C様v
またいらして頂けて大喜びのこびとです!

『王と王妃の恋愛事情』ご覧下さってありがとうございます。
こっちも続き気になるな!とのお言葉を頂いて、万歳三唱してましたv
C様のおっしゃる通り正妃さま、王はおまえしか欲しくない。
結果として嫡子が授けられずとも、
そのときはそのときで他のやり方もあるからって
言っておられるのに、使命感で一杯でお耳を貸して下さって
ませんよね(笑)
早く素直に独占欲を出して下されば、それだけで
アスランは幸せになれるのに、のお言葉に、
本当にそうですよねえとにやけ笑いが止まらなくなっておりました。

C様ったら、このお話途中からご覧下さっていると言うのに
凄いです。
既にカガリ様がアスラン王のことを大好きなのが
こう見えて『独占欲』に結びつくような女性としての感情なのを
汲み取って下さって;;

アスランは、カガリに好かれていると言う事実自体には
きちんと自信があるんですが、
幼馴染で兄妹同然に過ごしてきた時間も長かった上、
カガリの前に婚約者がいて、
その人と結婚すると言ってもカガリからは
特に反発を喰らうこともなかったし、

そもそも彼女的には、妻として嫁いだと言うよりも
王を守る騎士としてアスランの傍にいるのには、
妃と言う肩書きを得るのが一番都合がよかったと
言う割り切りがあるのを承知している立場なので、
彼女から異性として好かれているかと言われると
実は結構自信ありません…と言うのがこのお話のスタンスなのです。

なので、C様にそう言って頂けるとほっとしてします;;
よかったあ。ちゃんとそう見えてますか?
だったら嬉しい。アスラン王になりかわりまして、
篤く御礼申し上げます~;;

そしてご質問頂いた、拍手の33より前のお話なのですが、
今Blankに掲載している『王と王妃~2』は、
過去の拍手で掲載済みのものをまとめたものです。

Blankでは拍手小話は押して下さった皆さまへの
御礼と言う位置づけで不定期に更新しているものですから、
通常の再掲載は二年くらいしてから、
または再掲載はしない、と言うのが通例なのですが、
今回の『王と王妃~』は連載が想定以上に長くなってしまったことと、
最初の頃を忘れちゃったから読みたいぞとのお言葉を頂いたことで、
とりあえず現在掲載中の拍手に追いつくところまで、
期間限定で再掲載させて頂こうかとまとめて掲載をしたところでした。

一気に上げるには量が多くてついつい後手に回ってしまい、
拍手の連載が進んでしまうと言う悪循環に陥っているので
前半ご存じでないC様には、何が何やらおわかりにならず
途方に暮れてしまわれますよね;;
なるべく早く追いつけるよう、続きを載せるつもりですので
もうちょっとだけ待っていてくださいますか。
ちなみに最新の掲載分の一つ前までなら、
順番に押していくとぐるっと一周して見られるようになっています。

またのお越しを楽しみにしていますv
このたびも嬉しいお言葉をありがとうございました!!
スポンサーサイト
Secret